スポンサーリンク

【簡単】WordPressに無料テーマ「Cocoon」を導入

Cocoonのインストールのアイキャッチ画像 WordPressの設定
本記事は「約2分」で読めます。急いでいる方は最後の「まとめ」をご覧ください。

WordPressの導入後はセキュリティの強化等たくさんやることがありますが、今回はブログのデザイン変更や機能の強化を行うことができる「テーマ」をインストールしていきます。

ブログのテーマについては、WordPressに最初からインストールされているもののほか、有料のテーマや、無料のテーマが無数に存在しています。

「Cocoon」は私も使わせていただいているテーマで、ネット上の評価もとても高いです。しかも、ありがたいことに無料なのです。

スポンサーリンク

Cocoonのインストール方法

WordPressにテーマをインストールするには、管理画面から「外観」→「テーマ」と選択します。すると、下の図のような画面が出てきます。

wordpressのテーマインストール画面

最初からインストールされているテーマを選択することもできますが、「新規追加」を押すと別のテーマを検索することが出来ますが、現在(R3.10)のところ検索では目的のCocoonは出てきません

Cocoonのダウンロード

Cocoonはオフィシャルサイトからダウンロードすることができます。下のリンク(トップページ)にダウンロードへのリンクがありますので、そこからダウンロードページへ移動できます。

Cocoon
SEO・高速化・モバイルファースト最適化済みのシンプルな無料Wordpressテーマ。100%GPLテーマです。
Cocoonは製作者「わいひら氏」の好意で無料で利用できるものと思います。感謝しながらダウンロードしてください。

ダウンロードするものは2つ。「親テーマ」と「子テーマ」の両方が必要になります。

ダウンロードしたcocoonのファイル

インストール前の確認

オフィシャルサイトにPHP7、WordPress5.7以上と記載がありますのでバージョンの確認をします。(R3.10時点の情報です)

PHPバージョンの確認

PHPのバージョンはサーバーパネルから確認可能です。エックスサーバーの場合はサーバーパネルの「PHP Ver.切替」を押すと確認できます。

サーバーパネルのPHPver切り替え画面

現在のバージョンは7.4.23ということなので、このままで問題なさそうです。

現在のPHPバージョン

WordPressバージョンの確認

WordPressのバージョンは、管理画面から「ダッシュボード」→「更新」と選択しますと下の画像のような画面が出ますので確認できます。

現在のバージョンは5.8.1ということなので、このままCocoonをインストールできそうです。

WordPressのバージョン確認画面

Cocoonのインストール

インストールは、管理画面から「ダッシュボード」→「更新」と選択します。一番上にある「新規追加」を押すとテーマのアップロードボタンが出てきます。

WordPressテーマのアップロード画面

先ほどダウンロードしたテーマを、zipのまま「親テーマ」「子テーマ」両方インストールします。

アップロードするテーマを選択

子テーマの有効化

Cocoonのインストールが終わりましたら「子テーマ」のほうを有効化してください。これでインストールは完了です。

子テーマの有効化

間違えて親テーマを有効化してしまうと、テーマのバージョンアップの際にせっかく行ったカスタマイズが消えてしまいます。
スポンサーリンク

まとめ

ここまで読んでいただいてありがとうございました。最後に、今回の記事を簡単にまとめましたので急いでいる方はここだけお読みください

Cocoonのダウンロード・インストール

  • オフィシャルサイトからCocoonの親テーマと子テーマをダウンロード
  • PHP7、WordPress5.7以上であることを確認(R3.10の情報)
  • 親テーマと子テーマをインストールして、子テーマを有効化

コメント

タイトルとURLをコピーしました