【おすすめ】ブログの古い記事リライト→アクセス数が増えた件を紹介

SEO対策
本記事は約4分で読めます。ブログを長く続けているが、私と同様にアクセスがアップしない方に向けた記事です。

ブログをはじめても私のように、なかなかアクセス数が伸びずに心が折れかけてしまっている方も多いのではないでしょうか。

巷では「3か月超えたらアクセス数が伸びた」「6か月超えたらアクセス数が増えた」「100記事超えたら月間10000PVになった」などと羨ましい声を聴きますが、私のブログではそのようなことは起こりませんでした。

このような心が折れそうな状況の中でも、頑張って試行錯誤を続けており、「これは効果があったな」と思えることがありました。

それは、記事のリライトです。

ブログを始めたころはまだSEOに関する知識も薄かったこともあり、今読み返してみると内容も薄く幼稚な文章であったため「少しレベルアップした今、リライトしてみよう」と考えたのです。

結果、劇的にアクセス数が伸びたわけではありませんが、1日50PV前後→100PV前後に増えてきましたので、どのような方法でリライトしてアクセス数が伸びたのか、私の体験をもとにご紹介していきます。

スポンサーリンク

リライト後のアクセス数(PV数)の変化

リライトのイメージ

まず、リライト後にアクセス数がどのように変化したのかご紹介します。

アナリティクスのアクティブユーザー数

アナリティクスのアクティブユーザー数の表です。

これはユーザー数でアクセス数(PV数)ではありませんが、わかりやすい表でしたのでこちらで説明します。

アナリティクスのユーザー数

アナリティクス(ユーザー数)

リライトによるアクセス増加

リライトは12月18日~12月20日の3日間で7記事を修正しました。

それまでは月間ユーザー数は1,400~1,500人くらいが続いていましたが、12月30日ころからユーザー数がアップし、1月9日段階で月間1,700人に増えています。

これは年末年始休暇の影響も考慮しましたが、1月4日以降も変わることなく維持しているので単純に増えていると推測しました。

サーチコンソールのクリック数推移

同じように、サーチコンソールのクリック数の推移です。

こちらもクリック数なのでPV数とは異なりますし、数字が合わないのでGoogle検索からのクリック数のみの推移と思いますが、明らかに伸びてきているのがわかります。

サーチコンソールクリック数

スポンサーリンク

悩む!記事のリライト方法

悩んでいる人

リライトについては迷いがちですが、私が行った記事のリライト手法について紹介します。

ブログの状況は人それぞれだと思いますが、共通点がある方がおり、少しでも参考となれば幸いです。

ブログ開始初期に作成した記事の問題点

ブログを始めたころに作成した記事を冷静に見直して、問題点を挙げていきました。

  • SEOの知識が薄かったので、タイトル等を改善する必要あり
  • 1記事の内容が薄い
  • 1記事に対してどのようなテーマを持っているのかが曖昧
  • 似たような記事が複数あり、記事毎の住みわけが出来ていない

特に4つ目の問題点はリライトの大きな支障となり今まで手をつけてきませんでしたが、ここを乗り切らないとブログは救われないと考え、知恵を絞ってリライトすることにしました。

リライトで注意した点

私が記事のリライトを行う上で注意した点は次の通りです。

たったの3点ですが、特に上の2点を守りながらリライトを行うのに相当頭を悩ませました。(各記事のテーマは似通っていて、内容の境界が曖昧なため)

  • 記事の重複があっても削除せずにそれぞれを活かす
  • リライト前の記事と内容(記事テーマ)を変えない
  • パーマリンク(アドレス)を変更しない。

削除したい記事もありましたが、それをしてしまうと404エラーとなり悪影響がでそうなので避けました。

また、記事の内容(テーマ)を大きく変更すると、ユーザーが検索してブログ記事にたどり着いたとしても別の内容が書かれているため、これも良くないと考えました。

リライトする内容、方向性をまとめる

まずは記事1つ1つに特徴を出すため、下の表のような修正前のタイトルと修正後のタイトル、記載内容をざっくりとまとめることにしました。

リライト前のタイトル リライト後のタイトル 記事の内容
〇〇作成について 〇〇を作成するため、□□についての注意点 ・□□の性能について
・□□を選ぶ際の注意点
・□□の価格について
〇〇作成について その2 〇〇を作成するため、△△についての確認事項 ・△△とは
・△△を製造しているメーカー
・△△の価格について
〇〇作成について その3 〇〇を作成するため、☆☆の入手方法 ・☆☆はどんなところで買えるのか
・☆☆の性能と価格整理
・☆☆選びの注意点(サイズ)

このように記事内容をまとめることで頭の中が整理でき、記事を書き直すための情報収集(インプット)に集中することが出来ます。

スポンサーリンク

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログに慣れていない時期に作成した記事については、当時一生懸命考えて作ったもののやはり今の知識で見ると見劣りしてしまいます。

それを改善することで一定のアクセスアップを体験したので共有させていただきました。

もちろん、アクセスアップについてはリライトのほかにも様々な要因があるため100%の確証は持てませんが、やらないよりもやったほうが絶対良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました