スポンサーリンク

【レビュー】意外と良い!ロゴスアタッシュケースグリルおすすめポイント

焼き鳥を焼くキャンプ道具

頂きものなのですが、ロゴスのアタッシュケースグリルについてレビューします。ComoAkiはこの商品をお店で見たことがありませんでしたが、大手通販サイトなどを見ると販売されているようです。また、ミニのほかXLタイプもありました。

小さくて物足りない可能性もあるため、まずは自宅で試してみました。良ければキャンプ場にもっていって活用したいと思います。

英語名は「LOGOS ATTACHE CASE TYPE GRILL mini」です。

スポンサーリンク

アタッシュケースグリルの外箱と外観

幅もとても小さく20cm以下でした。網などの付属品はアタッシュケースの中に収納されており、持ち運びに便利です。

アタッシュケースグリルの外箱、外観

展開して、網などを設置するとこのような形になります。小さいながらも、しっかりした焼き台になります。網は専用品のようで、市販の汎用品での代用は難しそうですので使用後は綺麗に洗って大事にしたほうが良いです。

組み立て

スポンサーリンク

サイズ感(ソロキャンにピッタリ)

サイズ感が分かるように、コールマンのOD缶(アウトドア缶)や軽量ブロックと並べてみました。リュックに背負って運搬することも可能なサイズ感ですので、バスなどの公共交通機関で移動する場合や、ソロキャンには最適のように思います。

大きさの分かる写真

スポンサーリンク

使用する燃料(木炭)について

燃料は普通の木炭でも使用可能と思いましたが、推奨されていたLOGOSの着火剤不要の木炭を使用してみました。写真のとおり、2個がぴったり収まります。汚れ防止のためアルミホイルを貼りましたが、使用しているうちに敗れて結局汚れてしまったことと、熱で付着して剥すのに苦労したのでお勧めしません。

使用する燃料

着火は簡単で、火をつけるだけで簡単に燃え広がっていきました。炎がおさまるまで暫くまってから、網を配置します。

着火状況

スポンサーリンク

焼き鳥を調理

実際に、串焼きをしてみました。最初は縦に並べてみましたが、先端と根元が焼けにくくムラが出来てしまいました。横に並べると綺麗に焼けましたので、この焼き方が最適なようです。(もちろん、串のサイズによると思います)

焼きムラが出来ない焼き方

今回は、着火剤不要の木炭を2個使用しました。4本づつしか焼けないので、多少時間はかかってしまいましたが、冷凍状態の焼き鳥20本入りをすべて焼くことが出来ました。ソロキャンには十分ではないかと思います。

スポンサーリンク

おすすめな点

大きさは大きい方が色々と応用が利く(多人数等)のですが、この小ささは持ち歩きにも便利なほか、小さいので自宅の台所で洗うことが出来ました。網をつけ置きにするなども簡単ですので、洗うのが苦手な人にもおすすめです。

私はカレーなどの鍋物メインとするキャンプの時などに合わせて持っていくと、便利に活用できるのではないかと思いました。

ComoAki

タイトルとURLをコピーしました