香り芳醇すぎ!加藤吉平商店の梵「吟撰」純米大吟醸はIWCチャンプ

「梵」吟撰のアイキャッチ キャンプ酒
本記事は約3分で読めます。
ビールやワイン、ウイスキーなども美味しいですが、日本酒もとても美味しいです。日本酒普及のためキャンプなどで楽しんでほしいと考えている「こもあき」による、美味しい日本酒の紹介です。

合資会社加藤吉平商店の「梵」シリーズから「吟撰」純米大吟醸を頂きましたのでご紹介します。

私が初めて「梵」シリーズと出会ったのは、利き酒師の酒屋店主に好きなお酒を聞かれ「それなら、これを買うといい」と勧められた「艶」という日本酒です。

はじめて飲んだ時にはその香りの豊潤さに驚いてしまいましたが、今回の「吟撰」も負けず劣らず、超芳醇な香りで美味しかったです。

香り芳醇な日本酒が好きな方は、絶対に購入したほうが良いお酒ですのでで紹介していきます。

合資会社加藤吉平商店について

梵の艶

合資会社加藤吉平商店は1,860年創業の老舗で、福井県鯖江市に蔵を構えています。

今回購入した「吟撰」は2010年にIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)チャンピオン・サケを受賞しているほか、吟撰以外の様々な日本酒でも国内外問わず様々な賞を受賞しているすごい蔵です。

※こもあきが「梵」と出会ったのもこの頃です。

また、木箱に入って販売されている皇室献上品のお酒も醸されておりますが、高級すぎて購入したことはありません。

「ガイアの夜明け」でも紹介されていました

人気テレビ番組「ガイアの夜明け」で世界に目を向ける酒蔵として紹介されていました。

そのころ既に「梵」の虜となっていたため、とても興奮したことを覚えています。

今でも「テレ東BIZ」視聴することが出来るようです。興味があれば是非!

梵「吟撰」純米大吟醸について

「梵」吟撰の外箱、ラベル

梵「吟撰」純米大吟醸の基本情報

ラベルや公式ホームページなどから「吟撰」の基本情報を整理しています。

  • 種類    純米大吟醸酒
  • 精米歩合  50%
  • 原料米   山田錦100%
  • アルコール 15%

原料米の山田錦は兵庫県得A地区産契約栽培米とのことです。

また、2022年3月現在、国内外の大会で15回賞を獲得しているすごいお酒です。

梵「吟撰」純米大吟醸の香り・色合い

吟撰の色合い

色は限りなく透明です。

温度は冷蔵庫で冷やした温度で開封していますが、香りは「超芳醇」としか言いようがないくらい香り立っています

もっとも基本的な吟醸香で「ライチ」や「グレープフルーツ」に近い香りです。

口に含んだまま鼻で呼吸をすると、香りが鼻に抜けていく感じがします。

梵「吟撰」純米大吟醸の味わい

まず、びっくりするのが「濃厚な甘み」です。

純米なので、米と米こうじで醸されていますが「お米でこんな甘みがでるの?」と思うくらいの甘さが感じられます。

また、全然雑味が感じられず、すっきりとしたお酒です。

 

キャンプにも

キャンプのイメージ

完全に私の感覚ですが、食中酒よりも「食前」「食後」に飲みたい日本酒と感じましたので、サイト設営後の休憩時や、就寝前の団欒時に飲むのが良いと思います。

日本酒はお腹が膨れにくいので、飲んでも料理が食べられなくなる心配も少ないですし、キャンプ場で「梵」はとても通な感じがしますね!

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

合資会社加藤吉平商店の梵「吟撰」純米大吟醸は、香り芳醇で、甘みのある日本酒です。

海外でも評価されており多く輸出されていますので、グローバルな仕事をされている方は、飲んで味を知っておく必要があるのではないでしょうか。

また、日本人としても美味しいお酒が海外に出てしまう前に飲んでおきたいですね!

タイトルとURLをコピーしました