陸奥八仙「夏吟醸」の感想。香り芳醇で爽やかな日本酒でした。

陸奥八仙のアイキャッチ
PVアクセスランキング にほんブログ村

本記事は約3分で読めます。
日本酒が大好きな「こもあき」による、日本酒を中心としたお酒の感想(レビュー)記事です。美味しかった日本酒等の味を自分も後で思い出せるように、また、皆さんにも伝わるよう、数値化・文章化していきます。

日本酒の分類(フレッシュ、まろやか、など)の「タグ -tag-」を設けています。お好みの日本酒を探す時にお使ください。

八戸酒造株式会社の日本酒、陸奥八仙「夏吟醸」をいただきましたので、どのようなお酒なのか感想(レビュー)をお伝えします。

夏の吟醸酒(夏吟)は、香り芳醇でスッキリした味わいのものが多く、いろいろな種類の夏吟を飲んでみるのも面白いかもしれませんね。

目次

陸奥八仙「夏吟醸」の基本情報

陸奥八仙「夏吟醸」のラベル

最初に、陸奥八仙「夏吟醸」の基本情報として、蔵元の情報と、アルコール度数などについて整理していきます。

陸奥八仙の蔵元「八戸酒造」について

  • 蔵名    八戸酒造株式会社
  • 蔵所在地  青森県八戸市
  • 創業    安永4年(西暦1,775年)
  • 主要銘柄  陸奥八仙、陸奥男山

八戸酒造「夏吟醸」の数値評価等

まず、ラベルや公式㏋などでわかる、陸奥八仙「夏吟醸」の数値評価などについて整理していきます。

  • 種類    吟醸酒
  • 精米歩合  麹55%、掛60%
  • 原料米   青森県産米100%
  • アルコール 14%

アルコールは若干低めの14度でとても飲みやすく、私は2日で一升瓶が空になりました・・。

飲み頃の温度は書いていませんでしたが、夏の吟醸酒は基本的に冷蔵庫で冷やして飲むのがおすすめです。

精米歩合が麹と掛で分かれている

麹とは、麹菌をお米に生やして酵素を分泌させたもので、酒母の元となるものです。

掛とは、醪(もろみ)を作る際に、酒母などに添加されるお米のことです。

この2種類のお米の精米歩合を分けているようですね。どの程度差が出るのかは分かりませんが、とても強いこだわりをもって、お酒を造っているようです。

陸奥八仙「夏吟醸」の感想(評価・レビュー)

陸奥八仙「夏吟醸」の瓶

それでは八戸酒造株式会社の陸奥八仙「夏吟醸」がどのようなお酒だったのかレビューしていきます。

陸奥八仙「夏吟醸」の色や香りの特徴

陸奥八仙「夏吟醸」の色

まず、色は無色透明で夏らしさを感じます。

香りはとても華やかで、メロンを連想させる香りです。

陸奥八仙「夏吟醸」の味の特徴

味はうっすらと甘いのですが、甘い香りと相まってとても甘く感じます。

甘さの後にうっすらと苦みと辛みを感じますが、うっすらなので苦みに弱い方でも大丈夫と思います。

また、「生酒」「直汲み」とは書いていませんが、開封直後は舌にピリピリと感じます。2日目にはピリピリは弱まっていました。

キャンプでいただきました!

キャンプで陸奥八仙「夏吟醸」

アルコール度数が低めなので、二日酔いの心配が少ないですが気を付けましょう。

夏吟は暑い日のキャンプにキンキンに冷やして飲むのがおすすめです。私のように1升瓶を持ち込むのは、お勧めできませんので4合瓶が無難ですね。

スノーピーク(snow peak)
¥4,800 (2024/06/14 09:23時点 | Amazon調べ)

まとめ

八戸酒造のマーク

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

八戸酒造株式会社の陸奥八仙「夏吟醸」は、香り華やかでうっすら甘めで飲みやすく夏にぴったりの日本酒です。

ただ、飲みやすすぎるので飲みすぎてしまうのが欠点かもしれません。1升瓶が2日で空きました・・・。

この日本酒・清酒の口コミ

日本酒・清酒の感想は人それぞれです。このお酒の感想や、意見などございましたらコメント欄からお願いします。頂いたコメントは本記事内でご紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。
(なお、本記事に無関係な内容、公序良俗に反すると管理者が判断した場合はスルーさせていただきます)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次