【北海道の地酒】特別純米酒「瑞穂のしずく」は味の濃い、旨酒

「瑞穂のしずく」の瓶とお猪口
PVアクセスランキング にほんブログ村

本記事は約3分で読めます。
日本酒が大好きな「こもあき」による、飲んだ日本酒の感想(レビュー)記事です。美味しかった日本酒の味を自分も後で思い出せるように、また、皆さんにも伝わるよう、数値化・文章化していきます。

日本酒の分類(フレッシュ、まろやか、など)の「タグ -tag-」を設けています。お好みの日本酒を探す時にお使ください。

こもあきの地元である北海道の小林酒造株式会社の「特別純米酒 瑞穂のしずく」を味わいましたので、ご紹介していきます。

私が飲んだのは数量限定の中汲み無濾過の生原酒のため、一般に流通されている「瑞穂のしずく」とは少し違うかもしれません。

普段は香り重視の私ですが、このお酒は旨味が強くてとても美味しいです。こういった日本酒らしいお酒も良いものだと思いました。

目次

特別純米酒「瑞穂のしずく」の基本情報

「瑞穂のしずく」のラベル

最初に、特別純米酒「瑞穂のしずく」の基本情報として、蔵元の情報と、アルコール度数などについて整理していきます。

瑞穂のしずくの蔵元「小林酒造」について

特別純米酒「瑞穂のしずく」の醸造元「小林酒造株式会社」の基本情報です。

  • 蔵名    小林酒造株式会社
  • 蔵所在地  北海道夕張郡栗山町
  • 創業    明治11年(西暦1,878年)
  • 主要銘柄  北の錦、まる田

北海道の栗山町(札幌に近い)にある酒造で、北海道のお米と水でお酒を醸しているのが特徴です。周辺にはキャンプ場が沢山あるので、キャンプの寄り道として立ち寄るのもおすすめの酒造です。

特別純米酒「瑞穂のしずく」の数値評価など

ラベルなどから「瑞穂のしずく」の基数値評価等を整理しています。

  • 種類    特別純米酒(中汲み無濾過生原酒)
  • 精米歩合  60%
  • 原料米   北海道(江別)産「彗星」
  • アルコール 17%

このお酒に使用されている水は「江別神社のご神水」を使用しているとのこと。

なお、特別純米酒とは「米」と「米こうじ」を原料として醸される日本酒で「精米歩合が60%以下」または「特別な製造方法」のものを言います。

特別な製造方法の場合はその概要がラベルなどに記載されるルールのため、精米歩合が60%であることをもって「特別純米酒」と表示※しているようです。

※特別な方法も合わせて行っているかもしれません。

中汲みとは

日本酒は醪(もろみ)を絞って抽出されますが、その抽出されるタイミングによって分類したもので、初めに抽出されるお酒は「あらしばり」と呼ばれ、中間で抽出されるお酒は「中汲み(中取り、中垂れ)」と呼ばれ、最後に絞り出されるものは「責め」と呼ばれています。

中でも、中汲みは品質が最も良いとされています。

ふるさと納税でお得に日本酒を入手

特別純米酒 瑞穂のしずくの特徴と感想(評価・レビュー)

「瑞穂のしずく」の外観

特別純米酒「瑞穂のしずく」の色や香りの特徴

まず、生原酒ですので冷蔵庫で保管しておりました。

香りはやさしい(甘い)香りがします。

少し乳酸菌飲料を思い出す香りでしょうか。

また、色合いは写真のとおり若干の色が付いています。

搾った後に濾過をしていない、無濾過のお酒ですので「おりがらみ」のように若干の濁りを期待しましたが、中汲みだからなのか不明ですが、最後の1滴までほぼ透明でした。

特別純米酒「瑞穂のしずく」の味の特徴

冷蔵庫で冷やして飲んでいますが、味がとても濃く感じられます。

濃密な甘みを感じた後、酸味が訪れる感じでしょうか。

生酒なので、飲むと舌がピリピリと感じます。

とても美味しいです。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

今回飲んだ特別純米酒「瑞穂のしずく」は、味が濃い旨酒でした。普段、吟醸香を重視しているのですが、このようなお酒もとても美味しいのだなと感じました。

下のリンクは「生原酒」ではありませんが、火入れでも美味しいと思います。

ワタショウプレミアムショップ
¥1,505 (2024/02/22 15:14時点 | 楽天市場調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次