【格安ゲーミング】スリムPCのSSDの選び方、換装方法、注意点

スリムPCにSSDを装着
PVアクセスランキング にほんブログ村

本記事は約6分で読めます。
節約のため中古スリムPCにグラフィックボードを搭載してゲーミングPCを自作したい方向けの記事です。SSDの選び方や、スリムPCに搭載する際に注意する点も見つかりましたので、あわせて解説しています。

私は、中古パソコン(HP Compaq Elite 8300 SFF )をベースとして、格安ゲーミングPCを構築しています。

現在は、主にブログ執筆に使用していますが、Windowsの起動に時間がかかること、また、起動後に安定してアプリケーションを動かせるまでに、さらに時間が必要となるので苦労していました。

また、Windowsのアップデートがあると数時間動作が重くなったり、さらに再起動にも時間がかかるなどの問題があり、HDDからSSDに換装することを決めました。

本記事では、スリムPCユーザー視点での、「SSD購入前の確認事項・注意点」、「換装のためのSSDの選び方」、「HDDデータのクローン方法」、「スリムPCへの組込・注意点」について整理しています。

目次

HDD→SSDに換装するPCのスペック

高級パソコンのイメージ画像

はじめに、今回SSDを組込むパソコンの仕様について紹介していきます。

基本構成・スペック

項目仕様・性能
ベースPCHP ConpaqElite 8300 SFF
CPU性能Intel Core i5 3570 3.4GHz
RAMPC3 12800 4GB 2枚
グラフィックボードMSI GeForce GTX 1650LP

上の表のとおり、HP(Hewlett-Packard)のスリムパソコンをベースとして、グラフィックボードを組み込むことでゲームが楽しめる環境としています。

このパソコン構成の詳細はこちら

あわせて読みたい
【まとめ】中古スリムPCを活用してゲーミングPCを自作、ベンチマークを確認 高品質なゲーミングPCは高価で購入するのは難しいので、お金をなるべく節約しつつ、格安(激安)ゲーミングPCで、モンスターハンターワールド(MHW)や、フォートナイト...

中古スリムPCの入手方法

私は下のリンクの「ジャンクワールド」で4年前に購入しました。当たりはずれもある可能性もありますが、私のパソコンは3年半もの間、安定して動作しています。

なお、新たに購入する場合はSSDに換装済みのモデルもありますので、そちらがおすすめです。

SSD購入前の確認事項・注意点

空きベイの確認

SSDを購入する前に確認しておきたい点について、スリムPCユーザー視点でまとめました。

空きドライブベイの確認

スリムPCは、小さな筐体にマザーボードや各種ドライブ等を組み込んでいますので、空いているドライブベイが無いなんて場合もあります。

上の写真は私のPC(HP ConpaqElite 8300 SFF)ですが、フロントベイにはDVDドライブ(3.5インチベイ)、カードリーダー(2.5インチベイ)が設置されています。

どちらかを取り外して、SSDを設置することはもちろん可能ですが、中古で購入したPCですのでフロントに設置できるカバーがありませんので、見た目が悪くなってしまうため、旧HDDを取り外してSSDを設置することとしました。

既存のHDD設置状況の確認

スリムPCの3.5インチHDDの設置状況
スリムPCの3.5インチHDDの設置状況

HDDから、SSDに換装が可能かどうかを確認するため、一度HDDの設置状況を確認しておくことをおすすめします。

HP ConpaqElite 8300 SFFの場合

HP ConpaqElite 8300 SFFのHDDは、上の写真(矢印の部分)のように特殊なネジと金具で、筐体に固定されていることが分かりました。

私の場合は、空いているドライブベイがなかったので、このHDDを取り外して、そこにSSDを設置することが必要です。一般にSSDドライブは、2.5インチですので、2.5インチから3.5インチに変換するマウンタ(アダプタ)が必要になってきます。

マザーボードとの接続コネクタを確認

よほど古いパソコンじゃない限り大丈夫なのですが、念のためマザーボードとの接続(インターフェイス)がシリアルATA(SATA)であることも確認が必要です。

市販されている内蔵型SSDドライブはほぼ2.5インチのSATA接続ですので、以降はSATA接続の内蔵型SSDとして説明していきます。

特殊なネジについて

HDDは「特殊なネジと金具で筐体に固定されている」と前記しましたが、特殊なネジの写真はこちらです。

特殊なねじ

このネジは、T15のドライバーで回すことが出来ました。

このような特殊ドライバーを使用する機会が多いのであれば、セットを購入することをおすすめします。(リンクは一例です。セットを選ぶ際には必ずT15が含まれているか確認してください)

トラスコ中山(TRUSCO)
¥554 (2023/01/29 18:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
JACKLY
¥681 (2023/01/26 18:24時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

換装のためのSSDの選び方

SDDの一例

SSDの購入を決めた方は、どれを購入するのか迷うことと思いますので、SSD選びの際の主なチェックポイントを整理していきます。

SDD選びの主なチェックポイント

主なチェックポイントは次の4点になりますので、参考にお知らせします。

  • SSDの容量
  • SSDの評判を調べる
  • 内蔵型のSATA接続のSSDであること
  • メーカー製クローンツールの有無

SSDの容量について

クローンをするので、元のHDDよりも容量が大きい方が安心です。

システムデータ以外は別のドライブに保存してる場合など、色々と条件が違いますので、自分にあったものを選択してください。

SSDの評判を調べる

通販でSSDを購入する場合は、良く知らないメーカーの商品が激安で販売されている場合もありますので、評価を確認するのが基本です。

基本的には、トラブルを避けるため信頼できるメーカーとするのが良いでしょう。

内蔵型のSATA接続のSSDであること

流通しているのはほぼSATA接続と思いますので心配ありませんが、誤って外付けのSSDを購入してしまわないように注意してください。

見た感じ、似ているものもありますので。

メーカー製のクローンソフトのありなし

SSD購入後、新たにシステム構築する場合は不要ですが、現在の環境をそのまま引き継ぎたい場合には、クローンソフトが必要となってきます。

クローンソフトは、「フリーソフト」、「有料ソフト」、「SSDメーカーが提供するソフト」があります。フリーソフトは購入したSSDとの相性もありますし保証もないので、クローンを前提に購入するのであれば、クローンソフトを提供しているメーカーの商品を購入するのがおすすめです。

有名どころでは、クーシャル、トランセンド(他多数)のメーカーから提供されています。

Crucial(クルーシャル)
¥7,600 (2023/01/29 18:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
トランセンドジャパン
¥4,780 (2023/01/29 18:51時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

なお、私が購入したキオクシア(東芝)のクローンソフトは見つけられませんでしたので「AOMEI Backupper」を使用してクローンを行いました。

HDDデータのクローン方法(PCとの接続方法)

SSDとPCの接続

SSDの購入後は、既存のHDDのデータを複製(クローン)し、SSDに移す必要があります。

このため、パソコンの筐体に取り付ける前に、外付けSSDのようにパソコンと接続する必要があります。

PCとの接続方法

パソコンとSSDを接続する方法を2パターン紹介します。

HDD・SSDドライブケースで接続する方法

上の写真もそうなのですが、手持ちで2.5インチHDD(又はSSD)を外付け化できるケースを持っているのであれば、そちらを活用して接続することが出来ます。

もちろん、ケースはSATA接続であることが前提です。

玄人志向
¥818 (2023/01/29 18:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

SATA – USB 変換ケーブルで接続する方法

ケースを活用するよりもお手軽な、SATAとUSBの変換ケーブルも市販されておりますので、新たに購入する方はコチラがおすすめです。

Parishop
¥750 (2023/01/29 18:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

クローン方法

クローン方法については、使用するソフトにより違います。

また、パソコンと接続が出来てしまえば、クローンソフトで簡単にクローンを作ることが出来ますので、説明を省略します。

スリムPCへの組込・注意点

スリムPCにSSDを装着

スリムPCの3.5インチベイに、2.5インチのSSDを装着するための方法・注意点について整理しています。

2.5インチ → 3.5インチ変換マウンタを使用

2.5インチのSSDを3.5インチベイに設置するため、変換マウンタを使用します。

マウンタは基本的には何でも良いのですが、私のパソコン(上の写真)のように、少々特殊な設置方法となる場合は、がっしりとしたマウンタを選ぶことをおすすめします。

ORICO
¥940 (2023/01/29 18:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

HDDを固定していた特殊ネジは再利用

特殊なネジ

私のパソコンのように、HDDを固定していた特殊なネジがある場合は、SSD設置時に特殊なネジの再利用が必要です。

まとめ

ほこりが付着したグラボ
ほこりが付着したグラボ(筐体を開けた機会に清掃)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

本記事のまとめとして、スリムPCにSSDを設置する場合に行うことを整理しました。

  • 事前にSSD設置場所を確認、決めておくとよい。
  • SSDを購入する場合は、クローンソフトを提供しているメーカーがおすすめ。
  • クローンのためSSDとPCを接続する方法を決めておくとよい。
  • 3.5インチベイに設置する場合は、マウンタが必要。
  • 筐体を開封したついでに、ほこりなどを清掃する。
トランセンドジャパン
¥4,780 (2023/01/29 18:51時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
Parishop
¥750 (2023/01/29 18:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
ORICO
¥940 (2023/01/29 18:50時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次