MHWをプレイするための、格安の通信環境について

格安なパソコンを作りMHWをプレイ(日記的まとめ)

MHW(モンハンワールド)をプレイするためには通信環境が必要です。お家に光回線があればよいのですが、新たに設ける場合は結構お金が必要となります。せっかく3万円台でPCを構築することができましたので、通信環境も格安でできないか考えてみました。

低価格SIMの利用

やはり、格安の通信環境は低価格SIMを利用したスマホテザリングです。一般的には不安定といわれておりますが、そのような環境でMHWはプレイ可能なのか実験・実証していきます。現在は楽天モバイルを契約しておりプランはスーパーホーダイプランS(2GB)です。

格安(低価格)SIMを使用する場合の注意点

低価格SIMは格安ですし、大手の通信事業者との契約と比較しても縛り(2年・3年縛りなど)も緩めとなっているため、導入しやすいと思いますが注意点も幾つかありますので、紹介していきます。

1.通信が安定していること

MHWをオンラインでプレイするために、一番必須な条件とおもいます。特に、野良(同じ目的を持った知らない人とプレイすること)でプレイする場合には相手に迷惑をかけることとなりますので、注意してください。

  • 通信が遮断しクエストから離脱してしまう。
  • 通信が遅延して、モンスターの動きがおかしい。(モンスターが瞬間移動する、動かなくなるなど)

このような症状がある場合は、通信の安定性改善を図る必要があります。

2.応答速度(ping値)が速めであること

ping値が低いと、レスポンスが低下してしまいます。MHWは人間と対戦するのではなくコンピューターが相手となりますので、eスポーツのような爆速環境までは必要ないとは思いますが、ある程度は必要と思います。

私の実験環境では50ミリ秒台(調子悪い時で60ミリ秒台)でています。

3.知り合いなどと十分テストすること

いきなり、テザリングで知らない人と野良でプレイすると、通信遮断など相手に迷惑をかける可能性がありますので、知り合いなど許してくれる人と十分にテストしてから野良でプレイするようにしましょう。

4.通信速度の確認

スマホで通信速度やping値を確認できるアプリがありますので、必ず毎回調子を確認してからプレイしたほうが良いと思います。

格安(低価格)SIMでMHWプレイ実験

早速実験してみました。環境はこんな感じです。また、simの設定は高速データ通信をOFFにして1Mbps固定で実験しています。

ちなみに、通信速度を事前に確認しましたがこんな感じでした。

  • 上り 1.44Mbps
  • 下り 0.98Mbps
  • ping 55mm秒

普段はひかり回線を使用しておりますが、スマホテザリングでもそんなに変わらない気がします。ping値20ミリ秒台と50ミリ秒台とで差はありますが、私の感覚では全然わかりませんでした。

また、回線落ちすることもなく、快適にプレイできました。(ただし、音声通話などは行っておりません)

低価格SIMの利用(その2)

執筆時から1年くらい前のお話となりますが、別の低価格SIMを利用してPS4版のMHWのマルチプレイを実施したことがあります。

通信環境について

SIMについて

UQモバイルの500Kbps無制限SIMを使っていました。当時は月額1980円+税で縛りなしだったと思います。

モバイルルーター

モバイルルーターは、WiMAXのW04という機種です。なお、参考までに本機種はSIMフリーだという噂がありましたので楽天SIM(docomoSIM)を入れてみたことがあります。対応バンドはBand1しか合っていないようですが、使うことができました。

この機種は今では中古で安く買えると思います。

W04

通信速度とプレイ環境

特に記録を残しているわけではありませんが、通信速度0.5Mbps程度、PINGは優秀で40mm秒程度だったかと思います。もちろん音声通話はしておりませんが快適にプレイできていました。

さいごに

今回の実験結果では、低価格SIMでも十分プレイ可能でした。やはり、通信速度ではなくPING値が重要なのではないかと思います。

ただし、結果はComoAkiの通信環境での実験です。仮に全く同じ環境を用意しても済んでいる地域や、時間帯、スマホの機種によっても変わってくると思いますので、必ずフレンドなどと実験してから行い、知らない人に迷惑をかけるような事態は避けたほうが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました