MHWの録画環境を作る

Geforce Experience 録画画面格安なパソコンを作りMHWをプレイ(日記的まとめ)

せっかくMHWをプレイできる環境が整ったので、録画できる環境を作りたいと思います。録画してYouTubeにアップできたりすると、より楽しいゲーム生活となりますよ。

Windows10の標準機能

Windows10ですとゲームDVRという機能が標準搭載されており、steamを起動すると録画やスクリーンショットの撮影を促してきますし、操作も簡単です。パワフルなパソコンをお使いの方や、面倒な方は、この機能で十分ではないかと思います。

Windows10標準搭載のゲームDVR設定画面

でも、今回は格安で購入したスリムPCにGeForce GTX 1650を導入したので、ゲームDVRはOFFにして非常に軽いと定評のあるGeForce Experienceを導入して実験してみたいと思います。

GeForce Experienceの導入

まずは、GeForce Experienceをダウンロードしてみましょう。GeForce Experienceは使いやすく、感覚で使い方を覚えることができますので、ここでは簡単に説明します。皆さんもインストールして起動すると何となく使い方がわかるかと思います。

GeForce Experience is Your Gateway to Great PC Gaming
Automatically updates your drivers and optimal playable settings. Share your game wins with ShadowPlay. GeForce Experience lets you do it all.

Geforce Experience

インストール後、起動すると会員登録が求められますが、Googleアカウントでもログイン可能です。起動後に、パソコン内のゲームがスキャンされ、写真のように簡単に最適化することが可能ですので、難しい知識は必要ありません。

Geforce Experience 設定画面

その他はデフォルトで問題ないかと思いますが、上のほうにある、金平糖のような形のマーク「設定ボタン」をクリックして、設定画面解像度、ビットレート、フレームレートや保存場所など、用途に合わせて変更するとよいかと思います。

GeForce Experienceの起動方法

起動はとっても簡単です。MHW起動後に「ALT」+「Z」を押すと、メニューが出てきますので、「録画する」をクリックするだけです。その後、右上の「×」ボタンを押してメニューを消し、そのままプレイしてみてください。

インスタントリプレイについては、設定しておくと(例えば)神プレイ成功時に5分前から保存してくれる機能のようです。

Geforce Experience 録画画面

ゲームが終わって集会所などに戻ると、自動的に録画が終了するようです。デフォルト設定のままですとWindowsのビデオフォルダに保存されています。

データ容量については、デフォルト設定のままですと結構大きいデータサイズとなりますので、右下にあるポン〇リングみたいなマーク「設定ボタン」をクリックして、ビットレート等を調整してください。

MHWの録画画面

余談となりますが、録画をするとインターネットにアップする用途のほか、ゲームのリプレイを表示させることができますので、お気に入りのカットを作成したり、どこで火力が落ちているのか、だれがサボっていたかの分析などいろいろ楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました