東洋美人醇道一途純米吟醸「亀の尾」甘過ぎず、無限に飲める日本酒

東洋美人純米吟醸亀の尾
PVアクセスランキング にほんブログ村

本記事は約3分で読めます。
日本酒が大好きな「こもあき」による、日本酒を中心としたお酒の感想(レビュー)記事です。美味しかった日本酒等の味を自分も後で思い出せるように、また、皆さんにも伝わるよう、数値化・文章化していきます。

日本酒の分類(フレッシュ、まろやか、など)の「タグ -tag-」を設けています。お好みの日本酒を探す時にお使ください。

今回ご紹介するのは、東洋美人醇道一途純米吟醸「亀の尾」を購入しました。

東洋美人はとても人気があり、SNSなどの口コミでもよく見かける日本酒で、私のブログで紹介するのは「愛山」「おりがらみ生」に続き、3回目です。

今回の「亀の尾」はどのような感じの日本酒だったのか、以前紹介した東洋美人との比較や、感想について共有したいと思います。

目次

「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」の基本情報

東洋美人純米吟醸亀ノ尾のラベル

最初に、「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」の基本情報として、蔵元の情報と、アルコール度数などについて整理していきます。

東洋美人の蔵元「澄川酒造場」について

「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」の醸造元である「澄川酒造場」の基本情報です。

  • 蔵名    株式会社澄川酒造場
  • 所在地   山口県美祢市
  • 創業年   大正10年(西暦1,921年)
  • 代表銘柄  東洋美人

「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」の数値評価など

ラベルや公式㏋から、「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」の数値評価などを整理しました。

  • 種類    純米吟醸酒
  • 精米歩合  麹40%/掛50%
  • 原料米   亀の尾80%
  • アルコール 16%

酒造好適米「亀の尾」は、漫画「夏子の酒」で脚光を浴びた(個人の感想)お米で、実は歴史は古いです。(詳細は夏子の酒をお読みください)

著:尾瀬あきら
¥660 (2024/07/08 01:24時点 | Amazon調べ)

「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」の特徴と感想(評価・レビュー)

東洋美人純米吟醸亀ノ尾の瓶

「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」の味や香りの5段階評価

まずは、味や香りの強さの感想を5段階評価でお伝えします。(★5は、今まで飲んだ日本酒の最強)

項 目評 価
香り★★★☆☆
甘さ★★★☆☆
酸味★★★☆☆
旨味★★☆☆☆
辛味・苦味★★☆☆☆

★の数が評価値で、最大は★5で最小は★1です。
★の数の多さで、濃さや、香りの強さを表現しております。また、私の鼻や舌での個人評価ですので体調等により感じ方が変わるかもしれません。あくまで参考値としてお考え下さい。

「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」色や香りの特徴

東洋美人純米吟醸亀ノ尾の色

色は写真の通りですが、きれいな透明です。

香りはフルーツの「なし」に近いように感じましたが、なしの香りの中にお米の香りも感じます。

東洋美人らしいとても華やかな香りです。

「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」味の特徴

フレッシュなお酒です。

甘さから少し時間をおいて酸味を感じます。最後にアルコールを少し感じて切れていきます。

東洋美人はどちらかというと甘さがとても強い印象ですが、この「亀の尾」は過去に紹介した東洋美人よりは甘さは弱いと思います。(しかしながら、十分甘さはあり、甘い系統の日本酒と思います)

まとめ

東洋美人純米吟醸亀ノ尾のメッセージ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「東洋美人」醇道一途純米吟醸「亀の尾」は、甘さと酸味のバランスが特徴的な東洋美人としては、比較的甘さが弱いように感じました。

しかしながら、個人的な感想としては十分に甘く、酸味とのバランスも絶妙なバランスと思いますので、スッキリとして飲み空きせずに飲み進めることができました。

この日本酒・清酒の口コミ

日本酒・清酒の感想は人それぞれです。このお酒の感想や、意見などございましたらコメント欄からお願いします。頂いたコメントは本記事内でご紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。
(なお、本記事に無関係な内容、公序良俗に反すると管理者が判断した場合はスルーさせていただきます)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次