パソコンに付属していた19インチ液晶モニターの活用

格安なパソコンを作りMHWをプレイ(日記的まとめ)
VGA→HDMI変換ケーブル

ベースとなるPCを購入したときに付属していた19インチ液晶モニターは、接続端子がVGAしかありませんでした。今回導入したグラフィックボード(MSI GeForce GTX 1650 4GT LP )には、HDMIとDVI-Dのみのため、このままでは使用できません。

HDMI→VGA(D-SUB)に変換するケーブルの導入

HDMI→VGA(D-SUB15ピン)に変換するケーブルが、大手通販サイトから容易に入手可能です。また、価格もお手頃ですので、試しに購入しました。

購入したもの

USBから給電可能なもの、音声をステレオミニプラグに分岐可能なものなど、いろいろな種類がありましたが、私が選んだのはシンプルに画像のみを変換するケーブルで、695円で購入することができました。

VGA→HDMI変換ケーブル

解像度は最大で1920×1080、60fpsまで対応とのこと。

試した結果・・

予想としては、デジタルからアナログに給電もなく変換を行うため、画像のぼやけや、タイムラグの発生、発色の具合など、不具合があるのではないかと予想していましたが・・・

液晶モニターをカメラで撮影してもわかりにくいのですが、画像がぼやける様子は全くありません。また、MHWもプレイしてみましたが、私の感覚ではタイムラグは感じませんでした。おそらく、フレーム回避にも影響がでないと思っています。

補助電源もなく、こんなに綺麗に表示されるとは驚きました。

ちなみに、写真のベンチマークテストは解像度をモニターに合わせて1440×810まで落としており、この環境でのスコアは、25000を超えていました。(このときは、ほかのWindowsのプログラムをいろいろと起動していた状態でしたので、優秀な結果と考えています)

音の設定について

もともと、音声はHDMIからの出力としていたので、設定変更をしないと音が出ません。コントロールパネルのサウンド設定で、出力デバイスを変更する必要があります。

使い心地

予算の都合上、液晶モニター(1080p)を購入することができなかったのでTVのHDMI端子につないで表示していました。この場合、TVはPC用ではないため画面の端が枠に隠れて見えなかったり、少しぼやけたりと不都合な状況もありました。

PCに付属の19インチ液晶モニターの解像度は1440×900と低めですが、VGA(D-SUB)→HDMI変換の画質も満足の結果となりましたし、解像度を下げることでfps(フレームレート)がより安定することもあるので、今後はこのモニターをメインにMHWをプレイしていきます。

財布に余裕ができたら、中古の格安ディスプレイを購入してみます。

タイトルとURLをコピーしました