その他のプレイ環境(コントローラー)の紹介

格安なパソコンを作りMHWをプレイ(日記的まとめ)

パソコン本体やグラフィックボード、液晶モニターのほかにも重要なものがあります。コントローラーです。安いものから、高いものまで様々あり、使い心地や耐久性など違いますので私の使用環境について紹介したいと思います。

コントローラーについて

私はPS4版のMHWもプレイしていることもあり、PS4のコントローラーが一番快適にプレイできると思いましたが、少し大きくて重たいこと、そして値段が高いことからPS2のコントローラーを使用することとしました。ここでは、PS2のコントローラーに行きつくまでの経緯について、書いていきます。少しでも何かの参考になればうれしいです。

お話は、MHF(モンスターハンターフロンティア)をプレイしていた時までさかのぼります。

安価なコントローラーについて

MHF時代には最初、3,000円以内に購入可能なゲームパッドを大手家電量販店で購入し、使用していました。運悪く選んだその品は耐久性が低く、3カ月くらいでボタンが反応しなくなってしまいました。もう一つ、当時使用していたコントローラーで気になったのが「カチャカチャ音」です。プレイ中ボタンを押す度にカチャカチャなってしまうので、困っていました。

コントローラー探し

壊れてしまったので、新しいコントローラーを探さなくてはならないのですが、耐久性が高く、カチャカチャ音が鳴らないものをどのように探すかです。耐久性は通販などのレビューで想像がつきますが、カチャカチャ音は感覚的なものですので、レビューではわかりにくいです。

そこで、目を付けたのが手元にあった、初代PSのDUALSHOCKコントローラーです。カチャカチャしませんし、使い心地が良いのはわかっていたので、これを使用することにしました。

PCとの接続

PCとの接続には、USBに変換するコンバーターを使用します。値段の高いものは、安いコントローラーが買えてしまうほどの値段がしますが、1,000円程度のものもありますので、探してみてください。

エレコムゲームパッドコンバーター

写真のはエレコム製で、当時そんなに高くなかったと思います。MHF(モンスターハンターフロンティア)時代から4~5年は使用しているので、高耐久なんだと思いますよ。今回は、これにPS2用コントローラーを使用します。

コントローラーの耐久性について

汚れているので、写真は掲載できませんが初代PSのDUALSHOCKコントローラーは、ゲーム機での役目を終えた後に、アナログスティックが削れて粉がでるほどハードな使用状況のなか、MHF用コントローラーとして4年以上使用できています。若干アナログスティックの軸ズレを起こしていますが、軸ズレの補正ができればまだまだ使用できそうです。

Windows10とSteamでの軸ズレ補正をうまくする方法がわかりませんでしたので、今回はPS2のコントローラーを使用することにしました。時間があれば、軸ズレ補正をうまくする方法を探して、皆さんにご紹介します。

2019.10.5追記 中古コントローラーの購入

ハードオフのジャンクコーナーで、ゲーム機のコントローラーが大量に売っているのを発見しました。ジャンクなので返品ができず保障もありませんが格安で売っていました。

プレイステーションアナログコントローラー made in Japan を発見

PS2純正のDUALSHOCK2コントローラーは、世界の工場made in Chinaでしたが、made in Japanを発見しました。初代プレイステーションのコントローラーと思いますが、古いものは日本製のようです。価格はどれも同じ540円でしたので、made in Japanの耐久性を信じて購入しました。

多少汚れていましたので、歯ブラシなどで掃除してから使用しましたが快適です!

タイトルとURLをコピーしました