【高コスパ、高耐久】頑丈なPS2のコントローラーを活用する利点

コントローラー記事のアイキャッチ Game,Computer
本記事は約3分で読めます。お金をあまりかけずにパソコンでゲームを楽しみたい方向けの記事です。
2019年9月10日に公開した記事を、2021年12月20日にリライトしています。

 

PCでゲームをするためにはパソコン本体やグラフィックボード、液晶モニターのほかにも重要なものがあります。コントローラーです。

コントローラーは安いものから、高いものまで様々あり、使い心地や耐久性など違いがあります。私の経験では「安いのを買ったけどすぐに壊れてしまった」という悲しい事態もありましたので、どれを選ぶかは重要です。

今回は激安コントローラーに匹敵する値段(2,000円以下)で高耐久コントローラーを入手する方法を考えましたので皆さんにご紹介します。

スポンサーリンク

PS2コントローラーをパソコンで活用

プレステのコントローラー

激安・高耐久のコントローラーを入手するには、中古で販売されているPS2(またはPS1のDualShock)を活用します。

※PS=プレイステーション

なぜプレイステーションのコントローラーか

なぜ、プレイステーション(それもPS2)なのかについては箇条書きで紹介します。

  • 安く入手できる
  • 高耐久
  • 安いコントローラーと違い、カチャカチャ音が鳴らない
  • 必要なボタンはついている

もちろんPS4やPS3のコントローラーを使用するほうが良いのですが、中古でもそこそこのお値段がしてしまいます。

また、私はモンハンワールド、モンハンフロンティアなどをプレイしましたがボタンが不足しているなど特に困った事はありません。

高耐久について、私はモンハンフロンティアでPS2コントローラーを4~5年間使用(アナログスティックが削れて粉がふくほど使用)しましたが壊れることはありませんでした。

安価なコントローラーは難あり

MHF時代には最初、3,000円以内に購入可能なゲームパッドを大手家電量販店で購入し、使用していました。

運悪く選んだその品は耐久性が低く、3カ月くらいでボタンが反応しなくなってしまいました。

もう一つ、当時使用していたコントローラーで気になったのが「カチャカチャ音」です。プレイ中ボタンを押す度にカチャカチャなってしまうので、困っていました。

PS2コントローラとPCとの接続方法

PS2コントローラーのUSBコンバーター

PCとの接続には、USBに変換するコンバーター(上の写真)を使用します。

値段の高いものは、安いコントローラーが買えてしまうほどの値段がしますが、1,000円程度のものもありますので、探してみてください。

写真のはエレコム製で、当時そんなに高くなかったと思います。MHF(モンスターハンターフロンティア)時代から4~5年は使用しているので、高耐久なんだと思います。

※2021年12月段階で同じ商品の相場を見ると10,000円にもなっていました。絶版品だからでしょうか・・・

ノーブランド品ですが、1000円以下の安価なものも存在していますので、このような商品とPS2用コントローラーを使用することが出来ます。

【注意】ユーザーレビューを読む限りでは粗悪品も混ざっているようです。購入する場合は必ず返品可能なショップを選びましょう!

スポンサーリンク

中古コントローラーの入手

ハードオフのジャンクコーナーで、ゲーム機のコントローラーが大量に売っているのを発見しました。ジャンクなので返品ができず保障もありませんが格安で売っていました。

プレイステーションアナログコントローラー made in Japan を発見

PS2純正のDUALSHOCK2コントローラーは、世界の工場made in Chinaでしたが、made in Japanを発見しました。

初代プレイステーションのコントローラーと思います。プレステコントローラーは古いものは日本製のようです。価格はどれも同じ税込540円でしたので、made in Japanの耐久性を信じて購入しました。

メイドインジャパンのコントローラー

裏面に、made in japanの刻印があります。多少汚れていましたので、歯ブラシなどで掃除してから使用しましたが快適です!

通販で入手

通販でPS2コントローラーを安く入手できないものかと、いろいろ探してみましたが若干高めなようです。

私は、ハード〇フのジャンクコーナーから540円で入手(こちらはジャンクなので何も保証がありませんし、返品不可)しましたが、通販の場合は動作確認されている商品+送料があるので若干高めなようです。

中古はアナログスティックの軸ズレに注意

コントローラーは正常に動作している場合でも、アナログスティックの軸が若干ずれており、キャラクターが勝手に動いてしまう場合はありますが、感度を補正することで解決することが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました