3万円自作ゲーミングPCでMHWI(アイスホーン)のFSPを確認

Game,Computer
本記事は約4分で読めます。
格安で制作したゲーミングPCを使用して、モンスターハンターアイスボーンやその他のゲームをプレイしたい方向けの記事です。

本記事は2020年3月に公開した記事を2022年3月にリライトしています。

本記事では、格安のゲーミングPC(スリムPCをベースとしてグラボを搭載したPC)を使用して、MHWIなどのゲームが快適にプレイできるか検証する記事です。

結果としては画質設定をいじることで、快適にプレイできることが分かりました。

興味がある方はご覧ください。

スポンサーリンク

3万円の格安ゲーミングPC 動作環境について

高級パソコンのイメージ画像

FSP確認の前に、検証に使用したPCのスペックについて、ご紹介していきます。

なお、PCを制作したのは2018年7月頃(ちょうどGTX1650が発売されたころ)です。半導体不足によりグラボ価格が高騰していますので、この状況が続けば3万円台でのPC制作は厳しいかもしれません。

こもあき所有の格安ゲーミングPCの環境

ComoAkiのパソコン環境です。

別の記事で紹介していますが、当時の製作費は3万円強で組むことが出来ました。そのうち半分以上はグラボ代です。

ベースPC HP ConpaqElite 8300 SFF
CPU性能 Intel Core i5 3570 3.4GHz
RAM PC3 12800 4GB 2枚
グラフィックボード MSI GeForce GTX 1650LP
金額などの詳細はこちらの記事で紹介しています。

MHWIの最低環境確認(公式HPより)

最低動作環境は下表のようにMHW→MHWIで若干変更となりましたが、今回検証したPCではGTX1650を搭載しているので問題なさそうです。

MHW MHWI
OS WIN 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT 必須) WIN 7, 8, 8.1, 10 (64-BIT 必須)
プロセッサー Intel® Core™ i5-4460, 3.20GHz or AMD FX™-6300 Intel® Core™ i5-4460, 3.20GHz or AMD FX™-6300
メモリ 8GB RAM 8GB RAM
ストレージ 20GB以上の空き容量 48GB 利用可能(High Resolution Texture Pack適用時は+45GB)
グラフィック NVIDIA® GeForce® GTX 760 or AMD Radeon™ R7 260x (VRAM 2GB以上) NVIDIA®GeForce®GTX 760 or GTX1050 or AMD Radeon™ R7 260x or RX 560
DirectX Version 11 Version 11
サウンドカード DirectSound対応(DirectX® 9.0c以上) DirectSound対応(DirectX® 9.0c以上)
備考 グラフィック「低」設定で、1080p/30fps グラフィック「低」設定で、1080p/30fps

MHWIの推奨環境の確認

公式HPにを確認しますと、最低環境と同様にMHW→MHWIであまり変更されていないようですので、省略します。

MHWの推奨環境。はこちらの記事で整理しています

MHWIの高スペック環境の確認

こちらも公式HPに追加されていましたが、高級な仕様になりブログの趣旨と異なることから、割愛しますね。

必要な方はこちらのページで確認することが出来ます。

 

スポンサーリンク

MHWI(アイスボーン)でFPSの確認

アイスボーンのオープニング画面

MHWIを導入するとスタート画面が上の画像のように変更されます。

導入方法は、旧MHWを起動すると、タイトル画面にアップデート(有料)を促すアナウンスが表示されますので、簡単に導入できます。

MHW→MHWIにアップデートする場合の注意点としては、MHWの時に導入したmodをすべて解除しておかないと、不具合が発生するかもしれません。

本実験でのMHWIの設定は下記の記事を参照してください。(MHWの記事ですが設定は変えていません)

動作の感想(フレームレート”FPS”など)

右上にフレームレートを表示させながらプレイしてみましたが、特段MHWから変わりなくスムーズに動作してくれました。

60FPSを維持しています。

ただし、今まではクエストのロード時間は気になったことはありませんでしたが、MHWからMHWIにすると少し遅くなった気がします。

ロード時間が気になる場合は、SSDの導入も検討する必要がありますね。

クエスト読み込み時間

あくまでComoAkiの体感ですが、PC版(普通のHDD)の読み込み時間はPS4(外付けSSD)より早い気がしていました。

しかし、アイスボーンにすると、読み込み時間はPS4(外付けSSD)と同じくらいになってしまいました。

スポンサーリンク

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

3万円台の格安ゲーミングPCでもMHWI(モンスターハンターアイスボーン)は無理なく動作可能という記事でした。

現在半導体不足ということで、グラフィックボードなどの価格が高騰していますが、その分ベースとなるPCを安価なものにすることで、PCゲームを楽しむことが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました